〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

開発チャレンジ応援コラム今週のコラム

コラム第198話:異業種への参入、その動機は、攻めか逃げか?

ある異業種への参入を考え、そのための製品開発を考えているという経営者からの相談です。 どうして、その業界に参入しようと思ったのか聞いてみると、自社が事業を展開している今の業界がいかに厳しいか、その説明が返ってきます。説明している内に、どんどん熱を帯びてきて、業界の特殊性や...

詳細はこちら

コラム第197話:伸びる企業と縮む企業の仕事の依頼に対するほんのわずかだが決定的な関心の違い

「仕事の依頼が減って困っています。何か自分たちで開発提案していかないと・・・」最近、こういった依頼が増えています。 コロナ禍で仕事が激減し、慌てて何かしなければと考え始めたといった企業。あるいは、コロナ禍でも、持ち前の開発提案力を活かして収益を伸ばしている企業を見て、自分...

詳細はこちら

コラム第196話:伸びる企業の経営資源のとらえ方

「もったいない」当社から見てそう感じる企業があります。 それは、自力で地道に社員を育て技術を蓄積してきた企業です。優れた知見や優れた技術があり優れた社員がいるのに、思うように成長できていない、低収益にあえいでいる、そんな企業です。 なぜ、「もったいない」と感じるのか? そ...

詳細はこちら

コラム第195話:脱指示待ち、製造業が目指すべき成長の3段階とは?

「新しいことをやりたいのですが、社員が指示待ちで考えてくれません。まず、社員を何とかしないと・・・」 社員が、言われたことやお客さんから指示されたこと、これまでと同じことしかやらない。やれるのは平凡な安い仕事ばかりで儲からない。何とか、もっと儲かる新しいことをやりたいけれ...

詳細はこちら

コラム第194話:開発テーマが社内で猛反対された時に経営者と開発者が考えるべきこと

「先生、社内で提案したら猛反対されました。」過去にご支援した開発リーダーAさんからの報告です。 ある開発テーマを考え、それをやりたいと社内の経営会議で提案したところ、居合わせた役員や部課長から「失敗するからやめておけ」と猛反対されたとのことです。 普通なら意気消沈といった...

詳細はこちら

コラム第193話:加工下請けの薄利状態から抜け出すための開発のあり方とは?

「開発したいのですが、何をどうしたら良いのかわかりません。我々の業界からは、開発は遠い存在です。」ある加工メーカーの経営者の方の悩みです。 もし、開発できたとしたら、どんな開発をしたいのかを聞いてみると、「自社商品を開発して、下請けから抜け出したいのです。」と返ってきまし...

詳細はこちら

コラム第192話:現状に不満を抱えていながら変えられない企業経営者と、バンジージャンプをジャンプ台から飛び出せない人の共通点

「当社にできるでしょうか?」現状を変えるために「開発に取り組みたい」と相談に来られたある企業経営者の方が、一通り自社のこれまでの歩みを説明された後、こう質問されました。 「開発をやらなければ」と思いつつも、「本当にできるだろうか」という不安を抱えている、そんな様子です。 ...

詳細はこちら

コラム第191話:社員の能力と数に差の無い企業が5年後に大きな実力差が付く原因

「先生、ここまで できています。」ある企業の担当社員が、現在進めている開発の進捗状況を整理した報告書を見せてくれました。 「まだまだですが、この調子でさらに進めていきたいと思います。」進捗状況を詳しく説明した最後に、こう宣言されました。 この方の説明内容、説明態度などから...

詳細はこちら

コラム第190話:「どんな開発をしたのですか?」設計生産企業と開発型企業での回答の違い

「先生、聞いてください。」ある開発者から、開発に成功したという、うれしい知らせがありました。 本人もとてもうれしそうです。詳しく内容を聞いてみると、次第にこちらも楽しくなってきます。内容が非常に面白く、もっと聞きたくなり、聞いてみるとさらに興味がわき、どんどん話に引き込ま...

詳細はこちら

コラム第189話:お客さんは「何もわかっていないのはあなたの会社だ」と思っていないか?

「技術者が会社の現状を何もわかっていません。何度も説明しているのに、少しも理解できていない。困ったものです。何とかできませんか?」ある社長からの相談です。 ところが、技術社員に聞いてみると、「会社の現状は理解しているつもりです。何とかしなければと思っています。ですが、何と...

詳細はこちら