〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

開発チャレンジ応援コラム今週のコラム

最新コラム

コラム第245話:開発のコンサルを受けて成功する企業と成功しない企業の違い

「成功する企業と成功しない企業には、どんな違いがありますか?」先日ご相談を受けたある企業からのご質問です。 「経験的に、顕著に影響する因子があります。それは、社長のやる気 です。」即答です。 このご相談企業は、ある受託加工の企業です。図面をもらい、材料を支給してもらって、...

詳細はこちら

バックナンバー

コラム第244話:開発した技術がビジネスにつながる企業とつながらない企業の違い

「先生、今度、相手企業の営業役員と話をしてきます。」 ご支援中のある開発者からの報告です。隣で、社長が頼もしそうに開発者を見つめています。 この開発者は、技術者です。そして、相手企業との交渉内容は、自社が進めている開発への技術協力を取り付けるというものです。その交渉を技術...

詳細はこちら

コラム第243話:開発型企業にあって、技術が強みの自称技術系企業に欠けている経営の視点とは?

先日、ある経営者から開発中の案件があるので聞いて欲しいと頼まれて話を伺った時のことです。 「実は、今度、大学と一緒に開発することになりまして。一緒にやるのは、有名な先生なのですよ。すごい技術をお持ちで、その技術を使って今度の我が社の製品を開発するのです。」 この後、その先...

詳細はこちら

コラム第242話:製品の良さにこだわって開発したのに儲けられない企業に欠けている視点

「少し遅れていますが、手を抜かずに仕上げます。」ご支援中の企業に、ある開発の進捗を訪ねた時の回答です。 開発のご支援をしていて、時々、頭の中で警報が鳴ることがあるのですが、この回答を聞いた時にもその警報が鳴りました。この答えのある部分が、頭の中で強く引っかかったからです。...

詳細はこちら

コラム第241話_想像を超えて成長していく企業の特徴と開発の極意

「〇〇してみてはどうですか?」「なるほど。早速やってみます。」ご相談に対して、こちらから提案したときの、ある経営者の反応です。 2ヶ月ほどして再びこの経営者から声がかかりました。「先生、聞いてください。早速やってみた結果、××のようになりました。」結果が出るのに3か月以上...

詳細はこちら

コラム第240話_人を増やして良い会社と人を増やしてはいけない会社の違い

「先生、これこれこういう人物がいるのですが、どう思われますか?」ある経営者の方からの開発者の採用に関するご相談です。 開発には特別な人財が必要と考えている経営者が多いからか、同じようなご相談をよく受けます。中には、過去に開発をやらせてみたものの上手くいかず、誰でもやれる仕...

詳細はこちら

コラム第239話_経営資源を破綻させずに開発をやり切るために経営者に求められること

「まだできないのか?もっと急げ。」  「もうこれ以上は限界です。」「お客さんを待たせてしまうぞ。」  「そうは言っても、残された時間ですべてはやり切れません。どれか止めさせてください。」「・・・。止めて良いものは無い。全部必要だ。」  「では、人を増やしてください。」「そ...

詳細はこちら

コラム第238話_製品開発でイノベーションを起こすために必要なもの

「当社のように、人・物・金が限られる中小企業には、開発は無理ではないでしょうか?」中小企業の経営者から、よく投げかけられる質問です。 この質問の背景には、次のような考え方があります。 開発には、人・物・金の経営資源が多く必要。だから、開発は大手企業がやるもの。自分たちは、...

詳細はこちら

コラム第237話:マネージャーに向くプレーヤーと向かないプレーヤーの見極め方

先日、ある企業の相談を受け、ご訪問したときのことです。社長から、その会社の製品説明を受けたのですが、とても感心しました。数々のユニークな開発製品が並び、これは良いなと直感できたからです。実際に聞いてみると、やはり良く売れた、とのことでした。大したものだなと感心して聞いてい...

詳細はこちら

コラム第236話:自ら動く社員が育つ企業のトップがやっていること

「社員がよく動いてくれます」 コロナ禍でも新規開発で成果を出し、好調な業績を続けている、ある社長のコメントです。 この社長の言葉を借りると、大変な環境下でも、社員が必死に考え、自ら動き、開発し、成果を上げています。この社長から言葉として出てくるのは、素晴らしい社員の素晴ら...

詳細はこちら