〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

開発チャレンジ応援コラム今週のコラム

最新コラム

コラム第170話:世界連鎖による工場の稼働停止、今この時、御社は何を変えますか?

「今は、耐えるしかない」いま、工場を抱える多くの経営者からお聞きする悲痛な声です。 確かに今は、資金繰りなど耐えるための必死の努力をしなければならない時です。しかし、客先が止まり、仕入れ先が止まり、生産できなくなったからといって、上流、下流の工程が動き出し元に戻るのをただ...

詳細はこちら

バックナンバー

コラム169話:経営者が現状を変えたいと思ったときに発すべきメッセージ

「このままではいけない、会社が続かないことを何度も伝えているのに、社員が少しも変わりません。」 ある社長の言葉です。イライラしながら落ち着かず、焦っている雰囲気です。無理もありません。この企業は、既存事業が行き詰まりを示しており、かなり追い込まれている状況です。 変化の時...

詳細はこちら

コラム第168話:チャンスをつかむ企業は、〇〇都合で開発を進めない

「今の当社の商品に対して、顧客は、ここの機能に不満を持っています。ですから、この部分の技術開発に力を入れ、次は、売れる製品にします。」 ある会社の開発目標です。顧客が不満を持っている機能をきちんと特定しています。その機能を向上させれば売れることもわかっています。そして、ど...

詳細はこちら

コラム第167話:道を切り開く社員を育てるために

「先生、お時間ありますか?」当社のコンサルティングを終え、目下、開発を強力に推進中の あるリーダーから突然連絡を受けました。 急遽時間をとって話を聞いてみると、周囲の強力を取り付けながら開発を進めている途中で、取り組みを理解してもらえず、どうにも協力してもらえない人が居て...

詳細はこちら

コラム第166話:その売上減少は、たまたまですか?

「年々、売上が下がってきていて、このままでは赤字に転落してしまいます。」「どんな対策を打とうとしているのですか?」「営業に力をいれるしかないと考えています。」「今までは、営業に力を入れてこなかったのでしょうか?」「いえ、これまでも力を入れてきましたが・・・これからは、さら...

詳細はこちら

コラム第165話:開発リーダーに求められる物事の見方とは?

「当社には、○○という社員と××という社員がいるのですが、どちらが開発リーダーに適任でしょうか?」先日、ある経営者の方から、かけられた質問です。 多くの経営者が気づいているように、開発者には、向く人と向かない人がいます。誤解しないで欲しいのですが、優秀な人が向くとか、まじ...

詳細はこちら

コラム第164話:御社の会社年齢は何歳ですか?

仕事柄、多くの企業に行って、たくさんの経営者の方や社員の方とお会いします。そんなときに、ときどき、訪問した会社に独特の「老い」を感じることがあります。その会社に行って、経営者の方や社員の方にお会いして会話をしているうちに、なんとなく、その会社がふけて見えるのです。 お会い...

詳細はこちら

コラム第163話:真に役に立つ知識は、知れば知るほど奥が深い

「先生、本当にこの仕組みは、知れば知るほど、奥が深いですね」「それは、御社の理解が進んだ証拠ですよ」 コンサルティングの終盤に差し掛かった、ある社長との会話です。 当社では、約10ヶ月をかけてコンサルティングを実施しているのですが、受けている会社の中で、最初のうちはなかな...

詳細はこちら

コラム第162話:技術者の「できない」を「できる」に変える処方箋

「技術者が、できないとはっきり言ってきます」世の中の変化に負けまいと、何とかして技術開発を進めようとする前向きな経営者の方からよく受ける相談です。 こういった相談を受けた時には、まず、次のようにお伝えします。「その技術者には、脈がありますよ」 脈がある、つまり、やれるよう...

詳細はこちら

コラム第161話:成長企業の技術者が時間を使っていることとは?

「次々と出てくる顧客の要望に応えようと必死なのですが、技術が追い付いていません。ライバル企業はどんどん先に行っています。どうやったら挽回できるでしょうか?」 「まず、追いかけることをやめることですね」 「え?」 相談された経営者の方は、戸惑っています。ですが、本当のことで...

詳細はこちら