〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

開発チャレンジ応援コラム今週のコラム

最新コラム

コラム第150話:生産性を高め続ける好循環企業と下げ続ける悪循環企業の違い

「売り上げは伸びたのに、残業は減りましたよ。」「生産性が伸びた証拠ですね。」「仕事を減らしたのに売り上げが伸びたのですから、夢のようです。」ご支援してきた、ある社長との会話です。社長は満面の笑顔です。 この企業は、もともと得意とした事業分野がありました。ところが、異分野で...

詳細はこちら

バックナンバー

コラム第149話:近代日本の技術発展のきっかけとは?技術の遅れを取り戻すために必要なこと

「もっと技術開発できるようになりたい」との相談を受け、企業の現場を見に行ったときによく感じるのは、社長の焦りとは裏腹に現場に漂う平和な雰囲気です。平和な雰囲気と言っても、社員がのんびりしていたり、怠けているわけではありません。むしろ、まじめに一生懸命仕事をされています。そ...

詳細はこちら

コラム第148話:多くの企業が戦術しか持てず、戦略を持つ企業に敗れる理由

「なんとなくやってきた部分がありましたが、きちんと頭の中を整理して、狙いを定めてやることが、本当に大切ですね。」 「大切なのは、きちんと戦略を持つことですよ。」 「本当に、そうですね。ようやく、理解できました。」 現在、ご支援中のある経営者の方が、当社がご説明する開発の戦...

詳細はこちら

コラム第147話:経営資源の不足を嘆く前にやるべきこと

「ご覧の通りの状況です。こんな何も無い会社でも新しい開発に取り組めるようになるのでしょうか?」 社長の指さす方向には、懸命に働く社員と稼働する設備、次々と生産されている製品があります。古くてもきれいに清掃された床や壁には、長く戦ってきた歴史が刻まれています。 一体、なぜ、...

詳細はこちら

コラム第146話_先を読み、会社を成長させる経営者の特徴

「本当に、先生が言っていた通りになりましたね。いや失礼、そうしたのでしたね。」 ご支援中のある経営者の方の言葉です。顔には、「してやったり」という表情が浮かんでいます。 この企業の方とは、2年ほど前に、先を読んで、ある開発を一緒に推し進めてきました。そして、ここにきて、そ...

詳細はこちら

コラム第145話:やってみないとわからない世界での日程の守り方

「いつも開発が遅れるんです。」 これまでいくつかの開発を進めてきた、ある社長の悩みです。 遅れた原因をお聞きすると、「いつも急がせているのですが、社員一人一人の開発スピードが思うように上がりません。少しずつ人は増やしているのですが、結局いつも遅れてしまいます。」との返事で...

詳細はこちら

コラム第144話:経営者と技術者の意思疎通が良い会社と悪い会社の違い

様々な企業の技術開発のお手伝いをしていると、よく直面する問題が「経営者と技術者の意見の対立」です。 経営者は、技術者の言っていることが理解できずに経営の立場からの意見を言い、技術者は、経営者の言っていることが理解できずに技術の立場からの意見を言います。そのまま放っておけば...

詳細はこちら

コラム第143話:開発品が売れない原因は開発にある

最近、お会いした複数の企業さんに、立て続けに同じような悩み(苦しい胸の内)を打ち明けられました。 「がんばって自社商品を開発したのですが、思ったように売れていません。細々と売ってはいるのですが・・・」 「自社技術を開発したのは良いのですが、お客さんに認めてもらうのに時間が...

詳細はこちら

コラム第142話:企業が先手を打つために必要なこと

消費税10%まで2週間あまりとなった最近になって盛んに報道されていますが、「対応レジの注文が殺到していて生産が追い付かない」という事態が発生しています。 消費税8%と10%の混在、さらにはキャッシュレス化とポイント還元が重なってレジの買い替えが欠かせなくなり、様子を見てい...

詳細はこちら

コラム第141話:モノをつくる前に人をつくる!ものづくり経営に必要なのは、人づくりと〇〇づくり

「先生、今度まとまった受注がとれそうです」 そう話す、ある機械加工メーカーの社長は、ほっとした表情を浮かべています。 自社の設備にあった製品の加工を以前から取引のある大手メーカーから受注できたそうです。主要取引先であるこの大手メーカーからの受注が減少し、年々売り上げが下が...

詳細はこちら