〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

コラム第238話_製品開発でイノベーションを起こすために必要なもの


「当社のように、人・物・金が限られる中小企業には、開発は無理ではないでしょうか?」
中小企業の経営者から、よく投げかけられる質問です。

この質問の背景には、次のような考え方があります。

開発には、人・物・金の経営資源が多く必要。だから、開発は大手企業がやるもの。自分たちは、頼まれたものを加工するだけ・・・。

このように考えている経営者に、具体的にイメージしている大手企業の開発例を聞いてみると、多くの人・物・金を使った、誰もが考える当たり前の開発が出てきます。正攻法の開発と言っても良いかもしれません。冒頭のように考えている経営者の頭の中には、こういった当たり前の正攻法の開発のイメージがあるのです。

これでは、自分達には開発は無理と考えるのも当然です。仮に無理してやったとしても、自分達よりも経営資源が豊富な企業との開発競争に勝てるものではありません。こういった開発には、手を出さないのが正解です。

一方で、経営資源の限られる中小企業であっても、「これは良く考えたな」と、こちらをうならせるような開発してくる企業があります。限られた人・物・金の中で、無理な投資をすることなく、しかも業績を向上させる開発を見事にやってのけています。

こういった企業の開発の印象を一言で言うと、「おもしろい」となります。開発内容を聞いていて、とてもおもしろいのです。聞いていると、こちらまで楽しくなり、刺激的で、創造性が膨らんでいきます。そこには、更なる発展性や周囲に連鎖反応を起こす力があります。

これに対して、前者の当たり前の正攻法の開発は、聞いていて、おもしろくありません。内容が予想でき当たり前で、創造性の刺激も発展性も感じられません。話を聞き終わった感想も「良かったですね」の一言で終わってしまいます。

この両者の開発の明確な違いは、開発に創造性があるかどうかです。誤解を恐れずに一般的な言葉を使うと、イノベーションを起こしているかどうかです。

普通にやれば多くの人・物・金がかかるような開発案件に対して、限られた人・物・金の中で正攻法を上回るような製品を開発するにはどうしたら良いか?後者の企業は、これを考え抜き、突破口を見つけ、実現しています。多くの場合、狙ってやってはいませんが、結果としてイノベーションを起こしています。

なぜ、人・物・金が豊富な企業がイノベーションを起こさず、人・物・金の限られる企業がイノベーションを起こせたのでしょうか?

それは、一般的な理解とは逆に「人・物・金が限られていた」から起こせたのです。イノベーションを起こすために、人・物・金は必要ありません。むしろ、限られている方が良いのです。人・物・金など、正攻法で考えたときに必要な何かが限られている、そういった制限がある中でこそ、イノベーションは起こるのです。なぜ、そうなるのかと言うと、人々は、制限された中でこそ、知恵を出すからです。そして、イノベーションには、正攻法に頼らず考え抜く知恵が必要だからです。

イノベーションを起こすためには、さらにもう一つ大切なものがあります。

それは、新しい出会いです。イノベーションには、人と人、知識と知識の新しい出会いが必要です。そして、この新しい出会いは、人・物・金が限られている企業が、開発を成し遂げようと動き出すと、自然に生まれてくるものなのです。人・物・金が潤沢にあり、すべてを自社だけでやれる企業では、新しい出会いはなかなか生まれてきません。

これが、経営資源の限られる中小企業でこそ、イノベーションが起こる理由なのです。

御社は、知恵を出していますか?
新しい出会いを求めて積極的に動いていますか?