〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

コラム第167話:道を切り開く社員を育てるために


「先生、お時間ありますか?」
当社のコンサルティングを終え、目下、開発を強力に推進中の あるリーダーから突然連絡を受けました。

急遽時間をとって話を聞いてみると、周囲の強力を取り付けながら開発を進めている途中で、取り組みを理解してもらえず、どうにも協力してもらえない人が居て困っているという内容です。

「まったく、なんでわからないのか、時間がないのに・・・」と少しイライラしながら苦労話が続きます。

このようなことは、何も特別なことではなく、開発においては非常によくあることです。新しいこと、前例の無いことを進めるとき、必然的に、経験したことのない問題や、周囲に理解してもらえないことが多く発生します。このとき、推進者であるリーダーは、たいへんな孤独にさらされます。これは、開発に限ったことではありませんが、特に開発においては顕著に発生します。

しかも、この孤独感は、一度だけでは無く、何度も襲ってきます。私自身も開発リーダー時代には、何度も孤独から逃げたしたくなったことがあります。

問題は、この強烈な孤独に直面したとき、グッと踏みとどまって踏ん張れるかどうかです。

ここを乗り越えられる人は、リーダーとして立派に育っていきます。一方で、ここで挫折してしまうと、そのダメージは大きく、そこから立ち直って再びチャレンジするのは、相当にハードルが高くなってしまいます。孤独を乗り越えられるかどうかが、リーダーが育つか育たないかの正に運命の分かれ道になります。したがって、開発リーダーを育てられるかどうかは、孤独に直面したときにそれに打ち勝つための有効なサポートができるかどうかにかかっています。

その後、冒頭のリーダーには、有効なサポートを行いました。すると、リーダーは、イライラが解消した、すっきりとした表情に変わって、再び前を向いて力強く開発を前に進め出しました。既に彼には、解決策が見えています。そして、解決できる自信もあります。もう、問題が解決するのは、時間の問題でしょう。

どんなサポートをしたのかですが、大したことはしていません。簡単なことをしただけです。

このリーダーに対してしたこと、それは、「ただ黙って最後まで話を聞いた」それだけです。
それだけ?と思われたかもしれませんが、ただ、それだけです。

このリーダーは、問題点をひとしきり話し終わった後、イライラが抜け、スッキリしたような、安堵したような表情に変わり、こう言いました。
「これから、○○のように解決していきたいと思います。」

こちらから示すまでもなく、自分自身で解決方法を示したのです。こちらがしたことは、ただ黙って頷いただけです。

実は、このリーダーは、相談する前から解決方法がわかっていたのです。なぜなら、コンサルティング中に伝えてあったからです。それでもなお相談に来たのは、孤独だったからです。孤独に負けそうになったからです。彼は、解決策を求めていたのではなく、孤独から救ってくれる人を求めていたのです。

新しいことに挑戦し孤独と戦う人は、孤独に負けそうになったとき、信頼できる経験者 に悩みを聞いてもらえるだけでいいのです。それだけで、孤独から抜け出し、前を向けるようになります。自分と同じように、開発に取り組み、孤独と向き合い、苦労してそれを乗り越えた人。そういう人に話を聞いてもらえるだけで、孤独に打ち勝つことができます。

孤独と戦う人が求めているのは、決して解決策では無いのです。

御社では、リーダーの話をきちんと聞いてあげていますか?
リーダーの悩みを真に理解してあげていますか?