〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

コラム第122話_開発リーダーの育成。問われるのは経営者の姿勢です。


「彼をリーダーにと考えていたのですが・・・」
 開発に向けて取り組み始めた、ある社長の言葉です。
 リーダーにと想定していた社員に、そのことを伝えたところ、「本人がしぶっている」とのことでした。

社長としては、「喜んでやります」とか、「やらせてください」という社員の返事を期待したいところですが、現実には、そんなことは滅多にありません。ためらったり、嫌がったり、尻込みしたり、しぶしぶ従ったりするというのが一般的です。

問題は、このときに、経営者がどう対応するかです。
 それというのも、この状態のまま、開発に突入しても、まず、上手くいかないからです。

では、どうしたら良いのかですが、その前に、そもそも、リーダーに必要な資質とは、何でしょうか?

仕事の処理速度や推進力などの優れた能力でしょうか?
 それとも、人望や人柄といった高い人間性でしょうか?
 あるいは、様々な仕事をやってきた実績や経験でしょうか?
 はたまた、元気さや活力を持った、若いエネルギーでしょうか?

いずれも必要な資質として否定はしません。ですが、いずれもリーダーの資質として確実な要素ではありません。これらの要素を持っていても、成功できる人もいれば、できない人もいる、それが現実です。

一方で、これらの要素とは異なり、これを持っていれば、間違いなくリーダーとして成功する確率が高くなる要素があります。それは、複雑な要素ではなく、極めてシンプルで単純な要素です。「それだけ?」と思うかもしれません。しかし、「それだけ」です。

リーダーに必要な単純な要素、それは、「最後までやり抜く姿勢」です。

この最後までやり抜く姿勢が欠けていると、どんなに能力が高くても、人望や実績があっても、あるいは、若いエネルギーにあふれていても、リーダーとして成功することはできません。

逆に、最後までやり抜く、という姿勢、これさえあれば、多少仕事が遅くても、人望や実績が無くても、歳を重ねていても、逆に若くても、リーダーとして成功できるようになります。

知識や技術が不足していれば誰かに聞けばいい、人望が無ければ人望のある人に頼めばいい、壁があまりにも高ければ時間をかけたり迂回したりすればいい、逆風が強ければ地をはいつくばってでも飛ばされないようにしがみつけばいい。とにかく、泥臭くても、かっこ悪くても、みっともなくても、何でもいいから、最後までたどり着く、あきらめない、この姿勢が成功へと導きます。知識や技術、人望や人気、格好や体裁ばかり気にしていても最後までたどり着かないのです。

そして、 と く に、 開発においては、この傾向が顕著になります。

それは、最後までやり抜くことが、特に難しいからです。

先は見えにくい。しかも、越えなければならない課題が巨大な壁となって、何重にも立ちはだかる世界。やり抜く姿勢がなければ、とても最後までたどり着くことはできません。

ここまで読むと、「やっぱり、自社には開発は無理か」そう思った方もいるかもしれませんが、そう思う必要はありません。なぜなら、やり抜く姿勢は養うことができるからです。

どうやったら養えるのか?

それは、「やり抜いた経験」をさせることです。最初はどんなに小さなことでも、どんなに些細なことでもいいから、最後までやり切った経験をさせることです。

そして、これがこの話の最も重要なところですが、「経営者が、そのための協力を惜しまない姿勢を示し続けること」です。

経営者の「あきらめない姿勢」「求め続ける姿勢」「支援し続ける姿勢」
これが、社員に対して、やる意欲と、やりきる力を与えることになります。

「行動を求め続け、応えてくれた社員には、その行動を全力でサポートする姿勢を示すこと」
これが、リーダーを育てる上では欠かせないことです。

経営者があきらめたら、終わりです。
最後までやり抜くリーダーは、やると言ったらやる覚悟を持つ経営者のもとでのみ育ちます。

自社の社員を信じましょう!