〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

第42話: 依存体質から脱却するための初めの一歩

依存体質からの脱却初めの一歩

依存体質からの脱却初めの一歩 「一つの会社への依存や一つの商品への依存、あるいは一つの商品群への依存から脱却したい」 私は、商品開発のコンサルティングをさせて頂いていますが、弊社にご相談、ご依頼をされる企業の方の多くがこの悩みを持たれています。 売上のほとんどを一社から上げている。または、一つの商品や商品群から上げている。ほとんど一つに依存してしまっているため、そこがおかしくなると一気に経営が立ち行かなくなる。そうなる前に何とかしたい、2本目の柱が欲しい。そういった課題を持たれた方からのご相談、ご依頼が多くなっています。 この一つに依存しているというのは、経営上、たいへんなリスクです。特に、B to B ビジネスにおいて、長く一社に依存しているというのは、危険です。長く一社に依存していると、依頼元との業務分担が明確に固定されてしまい、自社の役割の部分しかできない、わからない、関心が無い状態が出来上がってしまうからです。 これが、例えば、依頼元がA,B,Cの3社あった場合には、ここはA社はやってくれるが、B社はやってくれないとか、A社とB社は何かとやってくれるが、C社はほとんど丸投げに近い、とか依頼元によって役割分担が変わってきます。その結果、A,B,Cいずれかの会社がやっていないことは自社でやることになり、自社がやらない、できない、知らない部分が減ってきます。 ところが、長く一社に依存しているとこれがありません。依頼元ができることは任せて、自社のできることに専念する方が「楽」なので、いつのまにか自社でできることが極端に偏り、他の会社の依頼を受ける力が無くなってしまいます。その結果、ますます一社依存から抜け出せなくなってしまっています。依頼元も自社に依存している場合は、まだ良いですが、依頼元が自社以外とも取引している場合は、切られたら終わりという経営上たいへん危険な状態に陥ります。 こういう状況に置かれた会社の経営者の方は、抜け出したい思いも人一倍高いですが、抜け出す難易度も人一倍高くなっています。そのため、こういった方からのご依頼、ご相談が多くなっています。 こういったご相談には、「まず、不足している機能を入手しましょう」ということを言わせて頂いています。他の企業へ売り込んで受注しても、機能が欠けたままでは開発の途中で失敗し、かえって信用を落とすことになります。その前に、機能を入手する必要があります。 では、どうやって不足している機能を入手するか? 答えは、単純です。 そもそも、なぜ、不足してしまったのでしょうか? 依頼元ができるからです。 では、不足している機能を確実にもっているのは誰でしょうか? 依頼元です。 そうすると、不足したものを入手するにはどうしたら良いでしょうか? 依頼元から手に入れることです。 原因と結果の関係から、当然のことですが、自社に不足している機能は、依頼元がそっくり持っています。ここから入手するのが一番の近道です。 「そんなこと言っても力関係が弱く、教えてくれない。確かに近道かもしれないが、簡単ではない」そんな声が聞こえてきそうです。 こんな時こそ、知恵を使いましょう。 知恵を絞れば、色々な入手方法が出てきます。 現に、弊社のクライアントの方たちは、様々な方法で入手されています。 大切なのは、自社に最も不足している機能は何か?をしっかり自覚し、優先順位をつけて、戦略的にその機能の入手を図ることです。 すべての機能を入手することはできないかもしれませんが、的を絞れば、突破口は開きます 難しそうに聞こえるかもしれませんが、闇雲に情報やノウハウを探し回るよりも、今の依頼元から入手するのが近道になったケースを多く経験しています。 一度、依頼元を最大限に利用する視点を持ってみて下さい。