〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

第16話: 待つ勇気

急ぐvs待つ

急ぐvs待つ 商品開発では、常にスピードが求められます。 お客様が必要としているタイミングに間に合わせるために、あるいは、競合よりも一日でも早く市場に投入し先行者利益を得るために、開発スピードは、必要不可欠な要素です。 私は、この開発スピードを上げることを追求し続けてきました。 そして、いかに開発スピードを上げるか、その答えが「デベロップレス」の手法であり、私は、この手法を広めるべく、活動しています。 一方で、商品開発を急いで行っている方達の中に、私から見て非常に危ういものを感じる時があります。 開発スピードの重要性を理解し、急いで行動しているのですが、どうもおかしい... 直観的に、「そっちじゃない」と感じるケースで、間違った方向に進んでいたり、やみくもに行動してしまっていたりします。 もちろん、行動しないよりは、行動した方が良いのは言うまでもありません。 私は、普段から「失敗が怖くて行動しないくらいなら、とっとと行動して、早く失敗して早く軌道修正した方が良い」と言わせてもらっているくらいです。 しかし、この危うさを感じる方達は、周りが見えていなかったり、結果を見なかったり、目の前のヒントに気づかなかったりして、間違った方向に突き進んでしまっています。 よく観察していると、こういう方たちには、ある共通点があります。それは、   「焦り」です。   焦ってしまっていて冷静さに欠けているので、危うさを感じてしまうのです。 そして、この「焦り」を防ぐには、ある勇気が必要です。それは、   「待つ勇気」です。   時には、「待つ勇気」、「寝かせる勇気」も必要です。 一連の施策を打ったら、結果が出るまで じっくり待つ。 そして、結果が出たら、冷静に分析して次の施策を打つ。 あるいは、さんざん何かを考えて、いよいよ行き詰ったら、しばらく頭の中で寝かせて待つ、という勇気。 これが持てるかどうか。 もちろん、待ち時間に何か別のことをやるのは良いことですが、別のことをしていても冷静に待つこと。 よくあるのは、まだ結果が出ていないのに待ちきれず、自分の中で勝手に結果を予測して 関連する 次の施策を打って、先に進んでしまうこと。 これでは、何のために最初の施策を打ったのか分からなくなってしまいます。 待っているときに何かを進める際のコツは、「全く別のこと」を進めることです。 結果が出るのを待っている施策に対して関連の無い全く別のことを進めるのです。 これであれば、互いの施策に支障はありませんし、気分転換にもなります。 そして、精神的には、「自分の中の不安に打ち勝ち、冷静に待てるかどうか」 非常に忍耐のいることですが、常に意識しておかなければならないことです。 何せ、商品開発は、「不安との戦い」ですから。 是非、皆さんは、不安に打ち勝ってください。 心から応援しています。