〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-16
銀座WallビルUCF5階

TEL : 03-5771-8175

第15話: 成功体験VS失敗体験


成功体験VS失敗体験

突然ですが、あなたは、成功体験と失敗体験のどちらが重要だと思いますか?
成功した体験と失敗した体験、あなたの商品開発を成功に導くのは、どちらの体験だと思いますか?

これは、「成功した本人、失敗した本人にとって、どちらがその後に役に立つか?」という問いでもありますし、「第3者にとって、どちらの話が役に立つか?」という問いでもあります。

「私は、こうやって成功した」という成功体験でしょうか、「私は、こういう失敗をした」という失敗体験でしょうか。成功体験は、それを応用すれば直ぐに成功できそうな気がします。一方で、失敗体験は、こうしてはいけない、という避けるべきことがわかります。どちらも重要ですが、真に役に立つのは、どちらでしょうか?

商品開発に成功した方達の中で多くの人には賛同頂けると思いますが、実は、真に役に立つのは、「失敗体験」です。

中でも役に立つのは、「成功者の失敗体験」です。

それは、そもそも成功の裏には、必ず失敗があるからです。
必ず、成功した方達には、少なからず失敗体験があり、その失敗から学んで成功に結びつけています。

ですので、私は、成功者の失敗談や苦労話を聞くのが大好きです。
成功者とお話したり、質問できる機会には、必ず聞くようにしています。

成功者の多くは、学会等での公の場で失敗談について聞くと、明確に答えないケースが多くあります。
成功体験は、詳しく説明しているのに(もちろん核心部分は伏せるでしょうが)、失敗や苦労した点については、質問しても まともに答えてくれません。

これは、恥ずかしいからではなく、そこが重要だからです。
成功者自身が、失敗談の重要性を だれよりも よくわかっています。

なので、私は、後からこっそり聞くようにしています。
不思議なもので、同じ開発者として 後からこっそり聞くと、堰を切ったように苦労話が次から次と出てきます。成功者は、通常は、重要性がわかっているから伏せていますが、本当は、苦労話を聞いてほしくてたまらないものです。そして、この苦労話は、まさに学ぶことの宝庫です。

是非、あなたも、自分が成し遂げようとしている分野で、「成功者」の「失敗談」をこっそり聞いてみてください。

きっと、自分の成功へのヒントが見つかりますよ。

え、私の失敗談ですか?
それはそれは、たくさんありますよ。
でも、恥ずかしいので、コンサルティングの中だけで こっそりお教えしています。よければ、聞いてあげてください。本当は話したくてたまらないので。

P.S.
ここまで失敗談の重要性を書いてきましたが、実は、成功体験には、失敗体験では絶対に出せない貴重な価値があります。何だかわかりますか?

それは、成功体験には、「人の意識を変える力がある」ことです。

あなたが、部下や関係者に対して、やり方や考え方、取り組み姿勢などをわかってもらおうと、懸命に説明しているケースを想像してみてください。どんなに説明しても理解してもらえなかったことが、ある時、一つの成功例が出たとたんに、急に眼の色が変わって協力的になった経験がありませんか?

こんな時、してはいけないこと、失敗談を話しても、もう一つ効果が出ません。成功体験、成功事例には、人々の意識を変える不思議な魔力があります。これを活用しない手はありません。是非、意識して使ってみてください。ただ、成功事例をそのまま真似ても上手くいかないことが多いので要注意です。
その時こそ、失敗体験がものを言います。

要は、使い分けですね。